健康RSLパフォーマンス
最新ニュース速報

お客様の安心材料になればと思い、私達スタッフの近況をお伝えしています。出荷光景など更新していますので、ぜひチェックしてみてください。
スタッフ写真
  • 勉強の効率が上がる!?チョコレートの上手な活用法

    2月は、学年末テストや入試も本番を迎える時期。

    勉強を頑張るお子さんにチョコレートを差し入れてみませんか?

    実は、チョコには気持ちを落ち着ける成分集中力を高める成分が入ってるんです。

    普通のミルクチョコより「カカオ72%」とかの高カカオ製品の方が効果的。

    もちろん、大量の差し入れはNGです。

    逆に眠くなったり集中力が続かなくなったりということになりかねません。

    1日25グラム、大体5枚ぐらいがベストな量でしょう

    ちなみに、当店ではもっと強力に勉強面をサポートするサプリメントを用意しています。

    気になったらこちらもぜひ。

    >> 思考回路の切り札 PSアプローチはこちら

  • 冬の必需品。ヒートテックの寿命を見分ける方法

    寒い冬のインナーといえば、ユニクロのヒートテックですね。

    今年で19年目。今や7割の人が持っているとも言われてる大ヒット商品です。

    さて、このヒートテック。基本的に寿命は1~3年だそうです。

    でも、毎年新しいものを買い足していると、どれが古いものか分からなくなります

    そんな時はタグのこの表記(赤枠)を見てください。
    ↓↓↓

    この例だと【64-14】となっています。そして特に大事なのは左側の「64」です。

    左の6は製造年の下一桁を表します。つまり2016年製。

    次の4は、季節番号。

    1=春
    2=夏
    3=秋
    4=冬

    を表します。この例だと4なので冬ですね。

    まとめると「64」2016年の冬に作られたものということです。(もう5年も着てるとは・・・)

    古いものを処分する目安にしてくださいね。

  • インフルエンザ予防に重要なのは実は○○だった!

    1月から2月はインフルエンザの最盛期です。

    特に今は熱が出るだけでも大変なので、しっかり予防したいものです。

    さて、インフルエンザ予防というと・・・

    手洗いうがいですが、あと一つ挙げるとすれば何でしょう?

    それは、

    「歯磨き」です。

    実はプラーク(歯垢)や歯周病菌は、インフルエンザウイルスを強化する元になってしまいます。

    口の中からそれらを取り除いておくと感染しにくくなるというわけです。

    事実、歯磨きを促進している学校では、インフルエンザによる学級閉鎖率が他より35%近く少なくなっているというデータもあります。

    「手洗い・うがい・歯磨き♪」でこの冬を乗り切りましょう。

  • 気づかないから怖い。冬の脱水症状にご注意を!

    ・何となく頭がいたい
    ・食欲がない
    ・何もないのに足がつる

    もしこんな症状を感じるなら要注意。

    知らない間に、体の水分が足りなくなっているのかもしれません。

    実は冬は意外と脱水をおこしやすい季節です。

    喉の渇きを感じにくいのと、空気が乾燥しているので、気づかないうちに水分が出ていってしまうからです。

    特に去年あたりから冬の脱水が増えています。常時マスクの生活で、より喉の渇きを感じにくくなったためです。

    大人も子供も、冬こそ意識的に水分補給をしてくださいね。

  • 子供の成長に必要なビタミンD、冬は不足にご用心!

    ビタミンDといえば、子供の成長に大切な栄養素のひとつ。カルシウムの吸収を助けてくれる働きがあります。

    また、日光に当たれば体内で作ることができるので、基本的には不足の心配が少ない栄養素でもあります。

    でも冬は注意が必要。

    日光(紫外線)が弱く、ビタミンDを他の季節ほどうまく作れないからです。

    特に北日本では、ほとんど期待できません。日光による合成量はゼロといっていいほどです。

    たとえば、12月の札幌だと、1日に必要なビタミンDを合成するのに掛かる時間は何と4,985分。24時間超えてます。

    ちなみに7月だと24分でOK。全然違いますね。

    冬は食事で上手にビタミンDを補ってくださいね。

    ビタミンDは卵・サーモン・マイタケ・ヨーグルトなどに多く含まれています。特定の食べ物に偏ってないので割と摂りやすいと思います。

1 2 3 4 5 6 21

ページの先頭へ