新聞記事

知っていましたか?
日本の子供は各年代で平均1時間以上の睡眠不足だということを。

たとえば12歳なら、9時間15分の睡眠時間がほしいところ。
あなたのお子さんはいかがでしょうか?

のちほど詳しく説明しますね。

さて、これを読めば子供の身長を伸ばすにはカルシウムだけではない、アルギニンだけではないということもわかります。

食事に多様な食材を使って栄養を取ることは理想です。しかし、日々忙しいお母さんにとってはあまり現実的ではありません。

しかも、身長がぐんと伸びる10~16歳くらいの成長期にはより多くの栄養が必要です。

まもなく、お客様累計1万人突破。普段の食事では摂りきれない栄養素を凝縮した成長期サプリをつくっている私達と、専門家医師らとの合わせ記事です。

それでは、記事全文をごらんください。

成長の三角形

質問:子供の身長を伸ばすにはどうしたらいいの?

産経新聞見出し

「寝る子は育つ」睡眠不足解消を

自分は背が高い方ではないが、息子にはすらりと長身に育ってほしい-。

記者だけでなく、子供に大きくなってほしいと期待する親は多いようで、成長期の子供向けサプリメントが売り上げを伸ばしているという。身長を伸ばす極意はあるのだろうか。

■ 栄養はバランスよく

「東京や大阪などの都市部を中心に注文が増えています。特に男の子のお母さんがおおいですね」

平成25年4月に成長期の子供向けサプリメントを発売したスポーツ用品販売「RSLジャパン」(大阪市中央区)の永吉泰典社長(41)はこう話す。

売り上げは右肩上がりで、26年度の売り上げは前年度の約4.8倍に。今夏に顧客累計1万人を超える見込みだ。

対象は10~16歳だが、主要購入層は13~15歳。永吉社長は「最近では共働きで忙しかったり、塾通いをしたりして食事が不規則になっている子供が多い。需要を確信していました」。

スタッフ

<2016年10月速報> ダイエット・健康 部門 第1位!

estoremedal

カラダアルファ(α)が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで健康関連部門6期連続となる第1位に輝きました。
通販の激戦区ともいわれる同部門で、並み居る老舗や強豪を突き放しての受賞理由は、ユーザーの移り変わりが激しいサプリメント業界において異例ともいえるリピート率を誇ることと、唯一の成長期10代専門の本格サプリメントであることの2つが高評価を得たからだそうです。

子供向け栄養補助食品はかつて、牛乳などに溶かして飲む粉末が目立っていたが、最近では錠剤やカプセル、液体などさまざまな商品がでている。身長を伸ばすために特に多くとるべき栄養素はあるのだろうか。

国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所情報センター(東京都新宿区)の梅垣敬三所長(57)に尋ねると、「子供はただ身長が伸びればよいわけではなく、体力や筋力、精神的な成長も大切。ビタミン・カルシウムに限らず、すべての栄養素をバランス良く取ることが重要です」。食事に多様な食材を使えば、特定の栄養素が不足することはないという。

ただ、中にはサプリメントが必要な子供もいる。梅垣所長は「食生活や成長に不安があるなら、医療関係者に必要なものを助言してもらうとよいでしょう」。子供は代謝能力が未発達なため注意が必要で、不足していない栄養素をサプリメントで大量に取れば過剰摂取による健康被害にもつながると警告している。

親の愛情も重要

■ 縮み始めた平均身長

子供の身長を伸ばすために必要なのは、栄養だけではないだろう。低身長治療専門委員「ぬかたクリニック」(神戸市)を訪ねた。

額田成院長(59)によると、遺伝以外の要素で大切なのは睡眠、栄養、運動の3つ(成長三角形)。「『寝る子は育つ』というのは本当で、身長を伸ばす成長ホルモンは寝ている間に分泌される。ところが日本の子供は各年代で平均1時間以上の睡眠不足なのです」。

睡眠時間グラフ

文部科学省の学校保健統計調査で11歳の子供の平均身長を10年ごとにみていくと、戦後右肩上がりに伸びていたが、25年までの10年間に初めて減少に転じた。最大の原因は睡眠時間の減少とみられるという。

栄養については妊婦の栄養不足による低体重児の増加が平均身長の減少につながっているとして、「母親が妊娠前からやせすぎないことが重要」と指摘。

運動は食欲を増進させて熟睡をもたらし、骨に刺激を与えるためにも必要だが、やり過ぎは禁物だという。

そしてもう1つ、額田院長が重視するのが「親の愛」。両親の不仲や虐待などで子供のストレスが強くなると成長ホルモンを阻害するホルモン「コルチゾール」が分泌され、身長の伸びが悪くなるのだ。

親が身長にこだわりすぎて子供にプレッシャーを与えるのも禁物で、額田院長は「まわりを冷静に見渡せば、大きい人は幸せで小さい人は不幸なんてことはないと気付くはずです」。極端に低い場合は専門医による治療が必要な場合もあるが、病気でなければまずは早く寝て、笑顔で過ごすことが大切だ。

このページの先頭へ